葬儀の種類はいくつかある

PR | 骨壺の販売はこちらから
「葬儀」は、故人の冥福を祈り、浄土へ送り出すための儀式です。葬儀の種類はいくつかありますので、ご紹介したいと思います。
一般葬は、故人の遺族、親族の他、ゆかりのある友人や知人に参列頂き、別れを告げます。
家族葬・密葬は、遺族と親族の身内のみで別れを告げます。
直葬は、葬儀を行わず直接火葬しますので、経費がかからずに済みますが、周りから「最期の別れができなかった」などの誤解を招く恐れがありますので、注意が必要です。
社葬は、会社社長などが亡くなった際に、会社が主催で行います。
一日葬は、通常通夜と葬儀を二日かけて行いますが、一日で行いますので、気忙しさが感じられます。
自宅葬は、斎場で行わず、自宅で見送りたいというニーズが見直され、最近は増加傾向にあります。
自由葬は、故人の好きだったものを展示したり歌を歌って送り出したり形式にとらわれないスタイルです。
生前葬は、本人が亡くなる前に、ゆかりのある人々に参列頂き、感謝の言葉を述べるようになります。

生前葬とは、その名の通りその人が死ぬ前で、まだ生きている内に行う葬儀のことであります。
現代でもまだあまり定着していない珍しい葬儀の形ですが、お世話になった人達に直接お別れを言いたい人や、人生の一つの区切りにして、新しい生活を始めるための儀式と考える人もいます。
その為、宗教を持つ方でも、無宗教の方でも行うことがあり、一つの「お別れ会」とされています。
一般の人にも広まってきてはいますが、有名人や著名人と言った、関係者や知人が多い方がこの生前葬を行うことが多く、宗教に関係する方はそれぞれの宗教に踏まえて行いますが、無宗教の方は、ホテルや旅館などを会場として、パーティー形式にすることが多いです。
生前葬の大きな特徴は、主催者が自分自身であることです。
本来では出席することのできない自らの葬儀に喪主として参加することが可能なため、自分が思う葬儀を行うことができます。この為、個人の趣味を凝らしたものなど、個性的な葬儀が行えます。

<PR>工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 健康マニアによる無病ライフ / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / 住宅リフォーム総合情報 / JALカード / 家計見直しクラブ /