新しい形式のお葬式の紹介-生前葬

お葬式と言えば亡くなった人を供養して、最後のお別れをするための儀式です。このため、お葬式は死後に行われることが一般的です。ところが、生きているうちにお葬式を行う方法があり、生前葬と呼ばれています。

また、会社で行う葬儀のことを社葬ともよんでますし、家族だけで行う葬儀のことを
家族葬とも呼びます。

一般的に葬儀は宗教的な教理に基づいて、死者のために祈りをささげたり、死後の世界で成仏できるようにお経を唱えたりする儀式です。お葬式は宗教的な儀式の他に、故人の親類や知人などが最後のお別れを行う場でもあります。
これらに加えて、告別式は故人が生前お世話になった皆様に挨拶の言葉を伝える場です。死んで挨拶をすることのできない故人の代理として、喪主が挨拶を行います。生前葬の主な目的は死んで話すことができなくなる前に、生きているうちに自分の言葉で皆様にお別れの挨拶やお礼を伝えることです。生前葬では死ぬ前に会っておきたい人を招いて、お礼や話しておきたい事を伝える場なのです。
生前葬を行った人が亡くなった場合には、近親者のみで密葬が行われます。生前葬の形で既に告別式を終えているので、死後に告別式を行うことはありません。