葬儀」カテゴリーアーカイブ

葬儀は生前見積もりで基礎知識を得ておく方がベターです。

葬儀は、人の死はいつ死にますからと予定の立つものでは無く、長期療養以外は不意に死が訪れるので慌てふためき精神的にも追い詰められ正常な判断が出来なくなります。しかし、医療機関や警察などは遺族に対して精神を安定させる時間を与えてはくれず、特に医療機関は死後2時間から3時間で遺体の引き取りを要求してきます。医療機関にも霊安室を空けておきたい事情もありますが、バックマージンを約束している葬儀業者に確実に依頼させたい目論見もないとは言えず、ほぼ100%の確率で医療機関の紹介の業者の請求は通常よりも割高になっています。医療機関で紹介される葬儀業者に依頼する遺族は、葬儀に対する基礎知識がなく不安定な精神状態の上に正常な判断を下せない為に、業者の故人最後の晴れ舞台などの言葉に踊らされてしまい、折に触れて必要以上のレベルの選択をさせられ非常に高額な請求に驚き、後々後悔させられるケースが多々あります。その為にも、生前見積もりなどで基礎知識を得ておくのも得策です。