小さくでも供養になる葬式

家族間だけで葬式を行なうという決断をする背景には色々な事が関係しています。
最大の理由は身内だけで静かに送り出したいという事ですが、近頃は生前に自ら家族葬をしてほしいと願い出る方も多いほどです。
以前は葬式は規模が大きい方が印象が良く、供養になるという考えもありましたが、今は考え方が違うのです。
自身の葬儀により、家族はもちろん弔問客に対して大変な思いをさせたくないという考えが働いています。
しかし、葬式が滞りなく終わり、落ち着いたタイミングで出費を計算してみると、結果的に費用が非常に高くなっている事も珍しくありません。
費用を小さくする目的で選択したのにも関わらず、計画が始まると凝ってしまい、グレードなどを高くしていった挙句高上りになるケースも多いです。
そして、葬式前や式中には遺体を安置するためにドライアイスを大量に使用しますが、実はドライアイス代が別途請求されてしまい予算オーバーの引き金になることもあります。