生前葬という葬儀を行うメリット

本来、個人が死去した後に、その故人の身内が中心となり行われるのが葬儀ですが、個人がまだ生きている内に、お世話になった知人などに自らお別れをすることができるのが生前葬です。
自らが主催者となり、プロデュースすることが出来るため、自分の思い通りの葬儀を行うことが可能で、趣味に凝ったものや、愛用していた物を多用していたり、音楽を用いたり、花などを使用して室内装飾を施した会場演出も行うことが出来るため、人生の最後の節目を個人の思い通りにすることが出来るのです。
まだ一般にはあまり知られていない為、生前葬を行う際には、招待する人達が困惑しないよう、具体的に説明をすることが必要となります。これは招待状に説明を盛り込んでおくことで、生前葬を行うことの招待客への理解を得るという意味にもつながってきます。
こうした手間はありますが、亡くなってしまう前に伝えたかった思いや感謝をこの場を用いて伝えることが出来るといったメリットがあります。