葬式と葬儀の違いについて

葬式に行くとか葬儀に行くというと同じように感じますが、実はそれぞれには異なった意味があります。
葬式とは通夜、葬儀、告別式などの儀式を総合して呼ぶ言い方です。葬儀は葬式の儀式のひとつで、通夜の後に故人の冥福を祈り、故人に別れを告げる儀式です。葬儀は宗教的な影響が濃くでる儀式でもあり、仏教であれば僧侶がお経を読み上げます。宗教などにより葬儀の流れは異なりますが、故人の冥福を祈って弔うということはどの宗教であっても考え方は同じです。葬儀は亡くなった人の意見が尊重されることも多くない家族葬、一日葬などスタイルは多様化しています。
葬式には葬儀の他に通夜と告別式があります。通夜は親族や友人など亡くなった人と生前親しかった人で亡くなった人を偲んでお別れをする儀式で、近年では告別式に参列できない人は通夜に行く場合もあります。告別式は、親族や友人以外の人たちが故人にお別れをする儀式です。以前は葬儀と告別式は別々に行なわれることが一般的でしたが、近年では一緒に行なうことも少なくありません。